Reflection: In Return to Koji Enokura

Reflection: 返礼―榎倉康二へ
 
「Reflection: 返礼―榎倉康二へ」は、現代美術に多大な影響を残した作家・榎倉康二(1942-95)と、彼が東京藝術大学の油画科第2研究室で指導した1960年代生まれの作家による展覧会です。
 榎倉康二は、人の意識と外界とのリアルな感応や、事物と外部空間との関係性を、自らの身体を触媒として、常に追求していました。その活動は、度々関連して語られる「もの派」という文脈では捉えきれない広がりを有しており、現在も多くの作家たちの参照点となっています。
 没後20年を迎えるこの秋、榎倉康二の作品のもとに、7人の女性作家の最新作が集合します。榎倉のアトリエ予定地を改装したギャラリーであるスペース23℃と、榎倉と親交のあった2つのギャラリー、秋山画廊とgallery21yo-j が、会場となります。作家たちが真摯に表現の原点を見つめ直す、また榎倉康二を再考するこの機会に、ぜひお立ち会いください。
 
 チラシ ダウンロード → flyer.pdf (1.7MB)
 
出品作家|
池内晶子、鵜飼美紀、白井美穂、豊嶋康子、日比野ルミ、福田尚代、安田佐智種、榎倉康二

会場・会期|
秋山画廊 2015年10月1日(木)~25日(日) 12時〜19時 月曜休廊 (東京都渋谷区千駄ヶ谷3-7-6 http://akiyama-g.com)
*白井・豊嶋・日比野・福田作品を展示

スペース23℃ 2015年10月2日 (金)~25日(日) 12時〜18時 月・火・水曜休廊 (東京都世田谷区中町2-17-23 http://space23c.com)
*全作家作品を展示

gallery21yo-j 2015年10月8日(木)~25日(日) 13時〜18時 月・火・水曜休廊 (東京都世田谷区等々力6-24-11 http://gallery21yo-j.com)
*池内・鵜飼・安田作品を展示

座談会|
日時:2015年10月9日(金) 会場:② スペース23℃
◇18時~ 出品作家による座談会/進行:神山亮子 ◇19時~ オープニングパーティー

シンポジウム|
「時差の中の榎倉康二」
日時:2015年10月12日(月・祝) 14時~16時
会場:④ 東京藝術大学 上野校地 美術学部中央棟2階 第3講義室
パネリスト:高山登(美術家)、熊谷伊佐子(美術評論家)、粟田大輔(美術批評) モデレーター:神山亮子(美術史研究)

刊行物|
『Reflection: 返礼―榎倉康二へ [論考]』
論考:神山亮子、熊谷伊佐子、粟田大輔
・20年後の返礼 ∙∙∙ 神山亮子
・榎倉康二の日常 ∙∙∙ 熊谷伊佐子
・榎倉康二と書物 ∙∙∙ 粟田大輔
価格:500円
編集:椎木静寧
デザイン:野村浩(N/T WORKS)
発行:Reflection: 返礼―榎倉康二へ展実行委員会

 一部ページが閲覧できます → essays1.pdf (3.3MB)
 

主催|Reflection: 返礼―榎倉康二へ展実行委員会
共催|秋山画廊、スペース23℃、gallery21yo-j
企画協力|神山亮子
助成|公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団、世田谷芸術百華2015
協賛|コエドブルワリー
協力|東京藝術大学油画研究室、佐竹ガラス株式会社、explosion tokyo

お問い合わせ|reflection.koji.enokura(AT)gmail.com
 
→ English Page

Advertisements